アクセシビリティ

Accessibility

ウェブサイトアクセス管理のご案内                                             
当ウェブサイトの設計と製作は、アクセスを考慮した上で設計されており、ボタンを始めとする機能はグラフィックスやイメージを使用せず、HTML/CSSで構築されています。

当ウェブサイトは、W3C(World Wide Web Consortium)のガイドラインに完全準拠しています。これらのガイドラインは、14のチェックポイントに分割され、それらはさらに3つの優先事項に細分されています。すなわち、優先事項1が満たされたら優先事項2を満たし、優先事項3を満たすという、すべての準拠レベルを満たすのが目的です。レベルAは優先事項1のチェックポイントがすべて満たされたこと、レベルAAは優先事項2のチェックポイントがすべて満たされたこと、レベルAAAは優先事項3チェックポイントがすべて満たされたことを意味し、これに順応したウェブサイトの分類が可能です。当ウェブサイトは、最低でもレベルAで過半数がレベルAAで設計および開発されています。詳細情報は、W3Cアクセス管理ガイドラインをご覧ください。

アクセスキー

アクセスキーは、ユーザーがキーボードの使用のみでウェブサイトをナビゲートできるように設計されています。アクセスキーについての詳細情報は、W3Cアクセス管理ガイドラインをご覧ください。

アクセスキーの使用方法
PC

ALTキーを押さえながら関連アクセスキーを押してください。(両方のキーを放し、その後、ENTERを押す必要がある場合もあります)。
Mac

CTRLキーを押さえながら関連アクセスキーを押してください。

イメージの使用

当ウェブサイト上のイメージは、オルト・テキストと呼ばれるオルト・テキスト属性を使用しており、ページにイメージが使用されている場合は、オルト・テキストでも記述されています。これは、スクリーンリーダのようなテキストブラウザおよび支援機器によって、イメージを理解することができることを意味します。イメージが単に装飾用である場合、そのイメージ用テキスト属性は容認された最善の方法に準拠するため、空欄にされます。

ページのダウンロード時間を短縮するため、またテキストサイズの管理強化のために、可能なところでグラフィックではなくライブテキストが使用されています。

フォントサイズ変更およびブラウザ互換性

当ウェブサイトでは、ウェブブラウザを使ってコントロール可能なフォントサイズを使用しています。インターネットエクスプローラから、『表示』 > テキストサイズを選択し、テキストサイズをデフォルト設定の「ミディアム」、「最小」から「最大」まで、お好きなテキストサイズに変更できます。Mozilla Firefoxでテキストサイズを変更するには、『表示』 > テキストサイズを選択し、テキストサイズを「増加」または「減少」で変更することが可能です。「正常」を選択すると、テキストサイズのデフォルト設定に戻ります。ウェブサイトのレイアウトは、どのブラウザの幅にも納まるように設計されており、また、お好みの表示サイズに順応できるよう、サイズを変更することが可能です。

当ウェブサイトは、IE 5.5、 Mozilla Firefox 1.0、Netscape 7.0、Safari 1.0などのブラウザ使用に関する互換性の検査を受けました。

さらに、ブラウザとスクリーンリーダ互換性に関して検査を受けた、当ウェブサイトのテキストのみのバージョンもございます。

当社にお任せください

当社では常に、W3Cウェブ・コンテントアクセス管理ガイドラインに設定されている優先事項A、AA、さらにAAAのチェックポイントを満たすことを目指しています。また、当ウェブサイトでは、自動ツールおよび手動テストの組合せを使用し、定期的な検査を行なっています。

当ウェブサイトへのアクセスに問題が生じた場合や当サイトの利用が困難な場合には、当社までその旨をご連絡いただきますよう、お願い申し上げます。

ページトップへ
閉じる ×